2017年03月31日

けものフレンズ12話(最終話)を見てすごーい!と思ったところを書き出したらほとんど全部だった件について。

Topアニメ >けものフレンズ12話(最終話)を見てすごーい!と思ったところを書き出したらほとんど全部だった件について。
key_visual.jpg


見始めるまでこんなに大好きになるなんて思ってもみなかった。


僕がけものフレンズの存在に気づいたのは、ちょうど3話が放送された頃だろうか。
ツイッターで「すごーい!」「たーのしー!」といったワードを頻繁に見るようになってからだ。

最初は極々わずかな人たちだったのに日に日にフレンズ化していくツイッターの人々を見て

「乗るしかない。このビッグウェーブに!」と思ったのだ。

そんなたーのしー!けものフレンズもついに12話(最終話)を迎えてしまった。
11話を見たツイッターのフレンズ達が絶望のあまり壁や机に頭を打ち付けた一週間は終わったのだ。

そして僕は12話を見た。山から溢れ出したサンドスターの如く湧き上がるこの感情を
12話を見て良かったと思うところをあげていくという形でブログにぶつけてみようと思う。



準備は良いかい?



では始めるよ。

けものフレンズ12話(最終話)のすごーい!ところ



  • サーバル「かばんちゃんはすっごいんだよ!」」

  • ボス「サーバル。三人での旅。楽しかったよ」

  • 野生解放して戦うヒグマとサーバル。そしてサーバルちゃんが口にしたかばんちゃんへの想い。

  • 超王道。出会ったフレンズ達がかばんちゃんを助けるために駆けつける。

  • OP曲とともに登場するフレンズたちと背後にデカデカと『けものフレンズ』の文字のダサダサ感が絶妙でけものフレンズらしさ全開。

  • 野生解放した大型動物フレンズたちのパワーと得意なことを活かしてアシストする小型動物フレンズたち。

  • こんな事態でも変わらず楽しさ全開のカワウソ。

  • ヘラジカとライオンが強くてかっこいー!

  • ひょっとしたらパークで一番物知り!?ツチノコの叡智と独特の存在感。

  • 一話でかばんちゃんにしてもらったように、サーバルが紙ヒコーキを飛ばしセルリアンの注意を引きつける。怖がっていたはずの火をつけて飛ばすという合わせ技。(野生解放で強くなって火を怖がる心を克服か?)

  • セルリアンに食べられた(吸収された)ことでフレンズから元の姿『人』に戻るかばんちゃん。

  • 人気のアニメの最終回直前になると「最後に溶鉱炉に落ちながら親指を立てるシーンが良かった」というターミネーターのラストシーンを連想させるネタツイートとあながち間違いではなかったセルリアンを道連れに船ごと沈むボスのシーン

  • 浜辺で拾ったボスの形見が突然喋りだしびっくりして投げちゃうサーバル。いかにもけものフレンズっぽいポンコツ具合。そしてボスの本体(知能)はお腹の小さなレンズ部分だった。

  • 唐突に一ヶ月が経過したけれどパークも落ち着いて遊園地で祝賀会。カワウソとプレーリーが楽しそう。

  • アライさんがかばんちゃん誕生の瞬間を語る。ツチノコ「体毛から生まれたフレンズ」ツチノコは物知り。

  • 相変わらずサーバルをバカにするスナネコ

  • 観覧車に乗って「へーき!へーき!」って言った直後に隣のゴンドラ落下「なんか落ちてきたぞ!?」けものフレンズらしいギャグで和む。

  • かばんちゃんとサーバルが観覧車に乗っている間に修理したバスを用意するフレンズたち

  • フレンズがバスを海に突き落としてかばんちゃん「ええ?なんで〜?」バスが浮いているのに気がついて、それがバスではなく船だということに気づき嬉しさのあまりサーバルに飛びつく

  • 武装色の覇気?指先が黒くなっているかばんちゃん

  • 木登りをして見せて一人でも大丈夫だと心細さをにじませながらも心配させないようにアピール

  • 出発するかばんちゃん見送るフレンズたち。サーバルが画面から外に出ると聞き馴染みのあるキコキコ音と耳が見える。バスの後ろを使った船2号が登場!

  • 見えてきた島はゴコクちほーだと教えてくれるボス。そして今までいた島はキョーシューちほーとのこと

  • エンドロールとエンディング曲「ぼくのフレンド」の2番が流れる

  • エンドロールでミライさんのキャストがかばんちゃん役の内田彩と判明!ミライさんの髪の毛から生まれたかばんちゃんなので感慨深さとやっとキャストがわかったので安心

  • キャストにアードウルフ照井春佳とあったことから途中で出てきた動物がおそらくアードウルフで一話で食べられちゃったかもしれない悲鳴のフレンズではないかと推測される

  • かばんちゃんの船の電池が切れて安定の無能ボスで安心感と和み。そこにぶつかるサーバルの乗った船2号

  • 振り返ったかばんちゃんが「サーバルちゃん!みんな!」おそらく漕いでいるのは見送りの時に桟橋にいなかったアライさんとフェネック(大きさ的には他にも乗れそうではある)

  • マイルカのフレンズが登場して新しい冒険の予感(マイルカは登場していないフレンズだけどキャストに載っていたため、サーバル役の尾崎由佳が兼ね役でニコ生放送時のマイルカらしき音声が登場した際につぶやいていた)

  • うっすらと右下に『つづく』の文字が(続編への期待)



以上です!



けものフレンズ12話(最終話)のすごーい!と思ったところ全部書き出してったら
ほぼほぼ全部すごーいやないかい;;



まとめ


ニコ生での12話放送を見終わって唐突にロスの津波が押し寄せてきた。
来週からはサーバルやかばんたちの冒険が見られないのかと思うと、どうやって生きていけば良いのかわからない。
むしろけものフレンズが始まる以前、どうやって生きてきたのかが思い出せない。
これほどのショックは『新世紀エヴァンゲリオン』『天元突破グレンラガン』『とらドラ!』を見終わった時と同じレベルではないだろうか。
ただ一つだけ言えることはこれらの作品を見た当時、僕は作品が終了してからしばらくしてからだったことだ。
藁にもすがりたいその藁すらもない状態だった。
だがけものフレンズは違うはず!リアルタイムで見ている作品なのでひょっとしたら続編が展開されるかもしれない。
たつき監督を信じろ。たつき監督を信じる俺たちの円盤売上を信じろ。
俺が…俺たちがけものフレンズ(が続編を製作する判断をしてもらえるだけの円盤売上を計上するん)だ!!!



早くBlu-ray全巻手元に揃えたいぜ…。

尚、BD付きオフィシャルガイドブックは全国で品切れの様子。
ネットでは高額転売が出回っているが、正規の価格は3,500円+税。それ以外は絶対に買わないでほしい。

公式も重版を急いでくれているし、お知らせもしてくれるのでツイッターをフォローしておくといいかも!






最後まで読んでくれたフレンズに最大の感謝を込めて。ありがとなのだ!





posted by ピカプン at 01:36 | 愛知 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。