2017年05月04日

GWにのんほいパーク(豊橋総合動植物公園)に行って感じた絶対に見て欲しいおすすめ動物ベスト3

Top日記 >GWにのんほいパーク(豊橋総合動植物公園)に行って感じた絶対に見て欲しいおすすめ動物ベスト3
ゴールデンウィーク(GW)ということでいい歳した大人が集まって『本気で動物園を楽しむとどうなるか試してみる』をコンセプトに遊んできました!

そんな中これは絶対見て欲しい!と感じた動物(エリア)がいたので、おすすめの動物ベスト3を紹介します。


第3位『サーバル』


夜行性動物館のサーバルが第3位にランクイン!


主題歌を歌う声優ユニットがミュージックステーション(Mステ)に出演するなど、大人気のアニメ『けものフレンズ』の主人公の女の子の相棒役として人気に火がついたのがサーバルです。
けものフレンズのコンセプトデザインを務めるケロロ軍曹などで有名な吉崎観音先生のイラストが飾ってありました。

サーバルの飼育は全国的に珍しく、外の檻で飼育している動物園が多いです。
豊橋動物園では、より野生に近い状態を見て欲しいという思いから、暗い室内での展示を行う夜行性動物館で飼育しています。

開演から9時40分くらいまでは館内が明るいの綺麗に写真を撮るにはこの時間に行くのがおすすめです。

手足が長くスラッとして美しく、耳をくるくる動かしたりボールで遊んだりという姿は必見!
猫好きな方は絶対に外せない動物です。

そのほかにもツチブタフェネックなどのかわいい仲間たちも見られるので、全国的にも珍しい夜行性動物館おすすめです。


第2位『コツメカワウソ』


愛らしい見た目のコツメカワウソが2位にランクイン!


たくさんのコツメカワウソたちがキューキューと鳴きながらジャレている姿はとても愛らしくおすすめ。
今回2位にランクインしたのにはそれだけじゃない理由があります。
それがこちら!

カワウソちゃんたちは石ころで遊ぶのが大好き!
砂場から拾い上げて並べてみたり、落とさないよう器用にジャグリングをして遊ぶんです!しかもずーっと(笑)

その愛らしい姿は永遠に見ていたくなります…。
石を上手にあやつる姿に周りで見ていた子供達も大喜びでした。

時間帯によっては隣の水槽に移動して元気に泳ぐ姿も観れるので、猛スピードで泳ぐ姿も見て欲しいです!

コツメカワウソはバードエリア南側のコツメカワウソ舎にいます。


第1位『ホッキョクグマ』


大きな体と白い毛のホッキョクグマ(シロクマ)が堂々の第1位です!


ホッキョクグマというと水への豪快なダイブが見られる旭川動物園が有名です。
実はその旭川動物園がダイブの方法や展示の方法を学んでいったのがのんほいパーク(豊橋総合動植物園)なんです。

大きなボールを手や頭で持ち上げて遊んだり、水にダイブして泳いだりと迫力満点な姿にお客さんは大歓声でした。
こどもはもちろん大人も興奮するほど。

ホッキョクグマのダイナミックな動きは絶対に見てほしい。
極地動物館のホッキョクグマを1位にさせていただきました。

その他にも極地動物館には
ペンギンゴマフアザラシなどの人気の動物がいます。

運が良ければゴマフアザラシが円柱水槽に泳いできてくれるので、それも見て欲しいです。
わたしは今回見ることができませんでした…残念。


まとめ


のんほいパークの絶対見て欲しいおすすめ動物ベスト3いかがだったでしょうか?
動物たちの魅力伝わりましたか?

のんほいパークにには他にも紹介しきれないくらいたくさんの魅力溢れる動物たちがいます。
動物たちとふれあえる、こどもに人気のなかよし牧場などもあります。※ものすごい行列でした。

園内には遊び心もいっぱい。


動物を見るだけだった動物園が、見るだけでなく体験を通して思い出になる。
そんな施設へとパワーアップしているなと感じました。

また、動物だけじゃなく一緒に展示されている解説も見ると楽しさも2倍になります。

家族で行く場合、自分が深く知ることでお子さんに教えてあげることもできますし、そうすることでお子さんはきっと動物が好きになることでしょう。

園内の動物について、より深く知りたい場合は、飼育員さんのガイドや餌やりの時間に合わせて行くといいでしょう。


あなたがこの記事を読んで、少しでも動物やのんほいパークに興味を持っていただけたら幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました!



のんほいパークのホームページを見るにはこちら
のんほいパーク-豊橋総合動植物公園
posted by ピカプン at 10:19 | 愛知 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

▲ページの先頭へ